お気に入りのキャップを長持ちさせるために注意すべきポイント

サイトマップ

帽子をかぶった男性

お気に入りのキャップを長く使う為に

暑い時期になると被っているキャップにも影響が出ます。なぜなら、汗がキャップにもつくので、色褪せしたり臭いがついたりするからです。この事態を避ける為に手入れは欠かせません、特に、お気に入りのキャップを長く愛用するのに重要です。
なので、臭いがつくのを防ぐ為に洗います。ただし、洗うといっても洗濯機にそのまま入れる訳にはいきません。せっかく洗ったのに型崩れしては、キャップのおしゃれ機能を無くすようなものです。なので、どうしても洗濯機を使用したい場合は、手洗いコースを選びましょう。もちろん、脱水時間も短くしましょう。
また、洗濯機を使用するのなら、他の衣類と一緒に洗濯せず、キャップだけで洗濯するのが確実です。しかし、つばの部分が折れる可能性があるので洗濯時間を長くするのは禁物です。このように型崩れしやすいので、キャップはデリケートなおしゃれグッズとも言えます。
とはいえ、キャップに使われている素材が洗濯出来る素材か判断出来ない場合は、いっそのことクリーニング屋に頼むのも手です。お金がかかりますが、型崩れするリスクは全くありませんし、確実に綺麗になって返ってくるので自分で洗う手間を省けます。キャップは、長く使えば使う程愛着が湧くおしゃれグッズなので、正しい洗い方をする事は長く使えるようにする方法に繋がります。

表面と内面の汚れの違い

見た目の個性を際立たせる方法として、キャップを被る方法があります。しかし、被る程汚れていくのも事実です。なので、汚れを取り除き、清潔な状況でキャップを被るのは衛生面にも優しいです。実際に、被ると表面が汚れていくのですが内面もしっかり汚れていきます。しかも、内面の方が汚れやすいです。何故なら、汗や皮脂がキャップについて臭う原因を作るからです。見た目を気にして表面だけを手入れしたくなりますが、被り心地も考えると内面の手入れも大事です。
キャップの手入れのやり方は、内面はおしゃれ着用の洗剤を溶かしたぬるま湯に浸した布で拭きます。そして、キャップが水分を含まないように、乾いたタオルでしっかり拭き取るのがコツです。ただし、雑に拭き取るとキャップを傷つける事になります。キャップの表面の方は、目立たない汚れやホコリならガムテープで取れます。ガムテープで取れない汚れは、ぬるま湯につけて手洗いします。
汚れが気になる部分は、歯ブラシでこすります。歯ブラシは軽くこするのがコツです。もちろん、表面においても水気を取るのを忘れないようにしましょう。表面と内面を洗った後は、丸めた新聞紙を中に入れ吊るさずに干します。型崩れしやすいキャップですが、正しい洗い方を身につけることで形を崩さず長く使うのが可能になります。

キャップはおしゃれだと思います

キャップは若いころはゴルフのときだけにかぶっていました。たまに個人で外出するときにおしゃれのつもりでもかぶってもいました。キャップはほとんどゴルフの販売店で買ったのが多かったです。ゴルフでは球が当たった時の衝撃よけとおしゃれの定番でした。ゴルフのときにはその時々の気分でハットやハンティングに変えたり、夏は麦わらのハットにしたりしました。
ゴルフの時には帽子がさまになるのです。たいていの人がかぶっていましたね。その後定年になったころには頭頂部が大分薄くなりました。これには参りましたね。そこでこの薄毛を隠すために外出するときには、いつも帽子が手放せなくなりました。帽子はあっちこっちに行ったときによくお店で買いました。ハットもあります。カミさんが私にはキャップが似合うと。ハットだと爺さん臭くなるとか。
そこで外出するときはデイバッグとキャップが私の定番になりました。その後頭を夏になると坊主にしました。この方がすっきりします。そのためますますキャップが手放せなくなりました。その時の洋服に合わせてゴルフ用のキャップとか野球帽をかぶって出かけます。これはひとつのおしゃれだと思っています。夏は日よけ、冬は防寒です。その後にまた頭頂部に毛が生えてきました。坊主にした結果なのでしょう。今では多少は白髪がありますが人並みに髪の毛があります。しかし相変わらず外出の時はキャップをかぶっています。


キャップがほしいという方必見!
ネームや刺繍を入れた、オリジナリティあふれるキャップが手に入る通販サイトを活用しましょう。この世でたったひとつ、あなただけのキャップを作成しませんか。

TOPICS

  • 似合う帽子の選び方

    オシャレアイテムとして欠かせない帽子。いろんな種類、カラーがあります。ハット、ニット帽、ハンチング、ベレー帽、キャップ等です。気に入った帽子を購入したのに…

    2017年03月31日

    » more

  • 大人の女性のキャップコーディネート

    キャップは流行に関係なく、いつの時代も取り入れられる、スポーティーでカジュアルな印象を与えてくれるオシャレアイテムです。でも、若々しすぎたり、子どもっぽい…

    2017年03月31日

    » more

  • キャップ依存症の人も意外と多いもの

    マスク依存症なんて言葉をたまに耳にします。マスクをしていると人前に出られるとかマスクをしていないと落ち着かないという方も多く、中高生などの多感な時期にはマ…

    2017年03月31日

    » more

  • キャップにも様々!日除けからファッション

    キャップといっても、様々なカラー、種類、使い道が人により沢山あるかと思います。野球キャップのような、ワンポイントでシンプルなキャップは、日除けなどが目的で…

    2017年03月31日

    » more

TOP